『DVケアクラス』

心に起きる暴力を知る~DV・トラウマ理解と心のケア講座~

 


 
~講座ご紹介~
DV(ドメスティックバイオレンス)と聞くと、身体的暴力のみをイメージしてしまいがちですが、殴られる殴られなかったに関わらず、心に起きる「傷つき」によって受ける影響を含めてDV被害と考えています。

 

身体の傷や怪我は癒され完治したとしてもその時できた心の傷はそのためのケアが必要とされます。心の傷を放置しておくと、自分自身との対話や人との対話、関わりに不具合が起きます。

 

様々な神経症やそれに伴う身体症状も出やすくなり、社会生活に支障が起こりやすくなるのです。

 

この講座では、生き難さの背景にある暴力(自分や人の心に何が起こっていたのか)を理解し、そのしくみを学ぶとともに、ケアの方法と回復の可能性をお伝えしていきます。

 

過去に起きた出来事を変えることはできなくとも、「傷つき」を認めて抱えやすくすることは可能です。自分のためにも 家族のためにも、次世代の子供たちのためにも、より多くの方に理解頂きたい内容です。 

 

*NPO法人レジリエンスのオリジナルテキストを基に臨床経験から得た知識や技術もお伝えしていきます。

 
 
 

 

回数

講座タイトル 講座内容
DV・トラウマを理解する DVのしくみやそこからの回復について、またDVに限らずトラウマを経験することによって受ける影響についてお伝えします。 ~暴力の構造(パートナーからの支配・トラウマティックボンディング・DVのサイクル・ライフワークバランス)~トラウマ(トラウマとトラウマに伴う感情・ケアの難しさ・回復プロセス・PTSDとPTG)など~
「世間の枠」と自分らしさ 知らず知らずに(世間やメディアから)刷り込まれてしまっている認識が健全なものか考えます。  ~女性であること男性であること・世間の枠・シンパシー(同情)とエンパシー(共感)についてなど~
喪失とグリーフ(深い悲しみ) DVやトラウマとなる出来事により、私たちが喪失するさまざまなものがあります。グリーフを、抱えていられる大きさにしていくこと、その過程でどのような感情がでてくるのか、などお伝えします。  ~グリーフ・トラウマやDVによってできた新しい方向性・ロスライン・喪失の種類と確認・グリーフケアの難しさなど~
精神的暴力
モラルハラスメント
心に傷が入るモラルハラスメント(モラハラ)、精神的暴力はどのようなものなのか、その影響を減らす方法などについても考えます。「身体的暴力・性暴力」でも必ず心が傷つく、その心の傷についても考えていきます。  ~精神的暴力・モラハラの種類と影響・精神的暴力と経済的暴力チェック・暴力がもたらす混乱(矛盾と葛藤)、反応と行動~
トラウマに対応するツール DVやトラウマによる影響を減らす為の道具(ツール)を紹介。 さまざまな道具を紹介するので自分にあったものを選び、自分の道具箱をいっぱいにしていきましょう。 ~トラウマがからだや心に対して与える影響・感情を表現すること・BASKについて・トラウマとなる出来事と考え方への影響・道具(ツール) としてのイメージワークとアファメーション・アミグダラ(小脳扁桃)・過去の経験や将来の不安と今現在を区別する(アミグダラの誤作動)など~
身体暴力と性暴力 身体的暴力、性暴力について理解し、影響についても考える。また、影響を減らす方法についてもふれていきます。  ~暴力の種類・性暴力と性行為は同一線上にはない・暴力の後の性行為・暴力から離れる難しさ・暴力の影響を減らす魔法のレシピ など~
境界線 境界線とは、人と人との境目になる線。目に見えない境界線について考えます。人にも自分にも(すべてのこころに)守られるべきスペースがあります。 暴力などにより壊された境界線を作り直し、内的・外的コミュニケーションの向上につなげていきましょう。  ~境界線とは・あなたの境界線の状態と中身・侵害・明け渡しと取り込み・境界線消しゴム・境界線の状態に注意が必要な時・心の護身術など~
育った環境
子どもへの暴力の影響
さまざまな角度から見てもらえるテーマ。自分が育った環境としても、自分が大人になって作った家庭としてみてもよいテーマです。育っていく中で身に付けてしまう不健全な認識を見直し 健全なとらえかたに変えていくことを目指します。  ~DVのある家庭などでの子どもの状態・離婚や別居による子どもの状態・言葉よりも態度や行動(バーバルとノンバーバル)  ・DVのある家庭での親子の関係性と子どもの境界線・安全感の重要性・Bさんと一緒に生活している場合・傷つきのポケット・ ありのままの自分とよろい・クリティカルボイス(CV)など~
パートナーシップ 不健全な関係の中にいると健全な関係性とはどのようなものなのかイメージしにくくなります。健全なパートナーシップを再確認することで 今の関係性を見つめることにつながります。 ~健全な関係性とは・パートナーシップに関しての捉え方の再確認・健全な関係の要素と不健全な関係の要素・新しいパートナーシップチェック・ゆがみレンズ(認知のゆがみ)特徴と外し方など~
10 Bさん(加害者)とは 加害者についての情報を得ることで、混乱の解消や罪悪感を減らすことにつなげるためのテーマ。また☆さんからの質問で一番多い「Bさんは変わるのか」についても説明します   ~変化の為のハードル・☆さんの変化について・Bさんの行動における責任配分・一般社会とBさんワールド・Bさんの間違った認識・☆さんが離れる時に起こるBさんの行動・竜巻会話・Bさんのタイプ(「DV虐待加害者の実態を知る」ランディ・バンクロフト著 より一部改変しての引用)など~
11 コミュニケーション 対人関係のコミュニケーションにあるさまざまなパターンを考えます。健全なコミュニケーションを学びましょう。 ~健全と不健全・コミュニケーションの2つの役目・関係性を定める要素・PA(受動的攻撃)について・PAの形と例、特徴、対処法、役目・IDM(Informed Decision Making)・尊重のある話し合いとはなど~
12 自尊心

目に見えない自尊心についてさまざまな角度から考えます。DVやトラウマなどにより自尊心が受ける影響を理解し、その影響を減らしていく方法を学ぶテーマです。 ~自尊心とは・劣等感や自分の欠点ばかり感じたりするときにできること・自分の長所・失敗や間違いをどうするか ・攻撃されたときのイメージワーク・見方を変える(リフレーミング)・自分を大切に扱えない時・物事がうまく運ばないと感じる時・「在庫確認」など~

 

※本講座はDV被害者支援団体NPO法人『レジリエンス』オリジナルテキストと『セラピスカレッジ』オリジナル資料を基にパートナー間・家族間で起こる心の暴力とトラウマ、トラウマケアの情報と知識をお伝えいたします。
 

◆このような方におすすめの講座です◆
*パートナー(夫・恋人)との関係または親子関係で苦しんできた(苦しんでいる)方
*我慢しながら生きている(生きてきた)方
*パニックや依存症状がある方・アダルトチルドレンの自覚がある方
*家が安心や安全ではないと感じている方 
*パートナー(夫・恋人)や家族が怖いと感じる方
*感情のコントロールがきかない方
*心理カウンセラーその他援助職の方
*DV・モラハラ・パワハラ被害について学びたい方
*グリーフ(哀しみに伴う深い感情)について学びたい方
*健全なコミュニケーションや、尊重や自尊心について学びたい方

◆回 数◆全12回(単発受講可能)

◆受講料◆

3,000円/1回
※全受講の場合 33,000円(一括割引/前払いのみ)
※単発受講、再受講も可能です
  
◆参加資格◆

どなたでもご参加頂けます
性別不問なので、異性との受講に強い不安を感じられる方は、お申し出下さい。
開催日は未定。ご要望にお応え致します。

 

◆講師◆ わねざきいくえ

 

※本講座はDV被害者支援団体NPO法人『レジリエンス』オリジナルテキストと
オリジナル資料を基にパートナー間・家族間で起こる心の暴力とトラウマ、

トラウマケアの情報と知識をお伝えいたします。

 

■受講をご希望の方はこちらまでお願い致します。

※お申込み後、折り返し詳細をご連絡させていただきます。

≪お申込み方法≫
お申込みはメールにて承ります。

acoawane@yahoo.co.jp

こちらのアドレスまで下記内容をご記入の上お送り下さい。
件名:DVケアクラス

①:お名前 

②:年齢

③:性別

④:お電話番号

⑤:来校(福岡または東京)か、スカイプ、どちらをご希望されるかご明記ください