<インナーチャイルドワークについて>  Y.  30代 女性


初めはやり方もよくわからず、教わったようにやってみるが、ただのイメージなので「これでよいものだろうか」と疑いながらやっていた。

自分のやってみた内容をカウンセラーに話し、新たに助言をもらい、再度挑戦するということを繰り返していた。


 私の中のインナーチャイルドはおとなしく、いつも一人で、つまらなそうだった。おとなの私のことも信用していないようでよそよそしかった。「○○しないと・・・」「お母さんが・・・」そんなことばかり言っていた。


 大人の私は、まず共感して話を聞くことにした。それから「お姉ちゃん(大人の私)は絶対にあなたのことを見捨てないよ。手伝いをしようが、しまいが、何かができようが、できなかろうが、そのままで良いんだよ」というような言葉を繰り返し言っていた。


 今までの人生で「そのままでいいんだよ。何かができなくても、生きているその存在自体にすごく価値があるんだよ」というような言葉なんてかけてもらったことはなく、すこしずつ新しい価値観が入っていくようだった。そのうちチャイルドが、自分のことを肯定してくれるお姉ちゃんをすこしずつ信じている感じがした。


 時にはチャイルドが「でも、これをしないとお母さんの機嫌が悪くなるもん!」とか「何もしなかったらダメって思われるもん!」とか「常に頑張っていないといけなかったもん!」とお姉ちゃんの言うことに対して反論していた。今までの考え方(ありのままでは受け入れられない、相手の思うようにしないと優しくしてもらえない等)が身についているということを実感した。幼いその当時はそう思っていたし、そう信じていたから、頑張っていたよなと思うとそれに共感し、「辛いよね」、「休まらないよね」、「本当はリラックスしたいし、楽しみたいよね」などとチャイルドに言葉をかけた。


 チャイルドは少しずつ「辛い」とか「本当はしたくない」とか「何もしなくても優しくしてほしい」等と泣きながら言ってくれるようになった。お姉ちゃんはなんでも聞いてくれると少しずつ思うようになった。時々チャイルドは「お姉ちゃーん(泣)」と言って抱きついてくれるようにもなった。何度も「そのままで良いんだよ。何かができなくても、世界にたった一人しかいないその存在にすごく価値があるんだよ。あなたにも、他のみんなにも」と伝えた。


 そういうことを繰り返していたら、チャイルドはだんだん、お姉ちゃんに受けとめてもらえること、認めてもらえること、大好きだって言ってもらえることに満たされる気がしてきた。イメージの中だが、癒される気がしたし、自分が優しくしてくれることで満たされる気がした。


 チャイルドの古い歪んだ信念を変えてあげたいと思い、お姉ちゃんも必死だった。そのうち「私はこの子を絶対に幸せにする!何があっても守る!」と思うようになった。
 

 今はまだ、大人の私も新しい考え方や価値観を得ている途中で、成長している最中だが、その都度、自分にできるケアをチャイルドにしてあげたいと思う。




 

体験の感想をシェアさせてくださり、ありがとうございました。
チャイルドとの関わり方が 愛に満ちたものであればあるほど、私たちの中心にある安心感や安らぎは
つねにそこに存在しているものなんだ、誰にも奪われたりするものではないものなんだと、わかってきます。
頭ではなく(思考や理性ではなく)、こころの安心、、、 これこそ私たちが求めていた、たどり着きたかった場所なのだと思います。

★インナーチャイルドワークを体験されたい方は こころの相談室アコア までご連絡下さい。
ケアは早ければ早いほど、豊かな人生のリスタートができると思います。 

 

 

◆パニック障害の発症と回復(体験談)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 私のパニック発作は二十数年前、過呼吸発作という形で始まった。当時大学生だった私はオーケストラの合宿に参加していた。学生サークルの合宿というのはほとんど眠れない。オーケストラの場合であれば飲んでいるか楽器に触れているかどちらかしかないのである。

 

合宿4日目、既に意識が朦朧としているところに合奏練習で指揮者から私のソロの部分に集中攻撃を浴びた。

 

指揮者の意図することはわかる。が身体がいうことをきかない。だんだん息が吸いにくくなる。心臓が飛び出しそうになる。意識が遠のく。この苦しさはなんだ。私はこのまま死んでしまうに違いない・・・

 

気がつくと救急車の中にいた。病院に着くころにはすっかり落ち着いていたが、後で精神科へ行くように言われた。精神科?なぜ私が精神科?

 

 合宿から戻ると激しい鬱状態に落ちた。アパートから一歩も出られない。大学病院の精神科の診断は「不安神経症」だった。鬱状態はその後半年近く続いたが、就職活動の時期になり死ぬ気で外に出ているうちにいつの間にか消えてしまった。

 

 それから二十年が経ち、まさか同じ症状に見舞われるとは思っていなかった。子育ても一段落し、私は音楽活動を再開した。同時にパートをし、習い事やPTAと日々多忙にしかし楽しく暮らしていた。

 

発症の直接のきっかけはパートの上司の異動だったように思う。新しい上司は仕事が遅く、私のこなす雑務が増え残業も急に増えた。趣味にかける時間や睡眠時間が減った。しかし家事も仕事も手を抜くことができなかった。

 

 再び過呼吸の発作が起きたのはなぜか二十年前と同じ楽器の演奏中で、似た状況であるのが不思議だがやはりソロを何度か指摘されているときであった。それからは頻繁に本番前の舞台袖や演奏中にも発作を起こすようになり、とうとう演奏活動をやめてしまった。

 

 その後はパートをやめ家にひきこもった。人混みが怖い。電車やバスに乗れない。友達とも笑って話せない。夜眠れない。いつ発作が起きるか分らない恐怖におびえる日々だった。

 

 「パニック障害」と診断を受けていろいろな本も読んだ。自律訓練法がいいと聞き練習してみたが、まず「何も考えない」ことができない。それでも布団のなかで繰り返し挑戦し、「両手が重い」までは習得できた。しかしそれも自室の落ち着いた状況でのみの話で、外出先で役に立つとはとても思えなかった。

 

 その後数年間鬱状態はどんどん悪化し希死念慮も出現し、病院を何軒変えても改善されなかった苦しい時期に、和根崎さんのカウンセリングに出会った。

まず一番驚いたのはリラクゼーションである。声で誘導されるだけで全身の力が抜け、不安で凝り固まっていた心がみるみるほぐれていったのである。何年もの間忘れていた感覚であった。「またあの安心感を得たい」と電車の恐怖と闘いながらもカウンセリングルームに通うようになった。

 また「あなたは日々どんどんよくなっていく」という言葉は今も私の御守りであるが、リラクゼーションの中で初めて聞いた時素直に「そうだ、私はきっとよくなるんだ」と思うことができた。普段の私は「きっとよくなるよ」と言われても「そんな簡単ものじゃない、こんなに苦しいのに」と反発ばかりしていたのに催眠状態に入るとカウンセラーの言葉はすんなりと胸に落ちるのである。

 

 今現在もパニック障害を完全に克服したとは言えない。

電車に乗るときは必ず頓服を持参するし、特に睡眠不足は過呼吸の引きがねになるようだ。

音楽活動も再開できていない。この病とは一生の付き合いかもしれない。

しかしうまく付き合えばきっとまたなんでも挑戦できる、今はそう思えるようになった。

そのためには優秀なカウンセラーと、催眠療法は私がこれからの人生を生きるにあたって欠かせない存在である。

 

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 



◆サンキューカウンセリング コース 体験者の方の感想レポート 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
50代男  (2014.1/29掲載)

はじめて、カウンセリングをいたしました。心からありがとうございます。
一番大きな気づきは、対話のなかで、自分の話しのなかに、自分がなかったことです。
無意識のなかに、自分がなかったので、自信がなかったことに気づきました。
否定的な言葉もあったことも気づきました。
禅の言葉にも、自分が自分を自分する!って教わったことをあらためて思いだし、
もっと自分を大事に好きに楽になります。

あるがまま
なるがまま
いまここ

いまでも、わねさんのやさしく穏やかな言葉が心地よく耳に残ってますよ。

催眠ワークとリラクゼーションでは、心身ともにリラックスでき、いまも、リラックス状態です。
腹式呼吸しながら、肩の力を抜いて、リラックスすると、ほんと楽になりますね。
神輿担ぎも波乗りも同じで、力を入れれば入れるほど、逆効果でした。

いまの自分を自己肯定し、認め、

自分は芯のある人間だ。

中心はどっしりとして安定している。

そう感じれば感じるほど

自分は自信にみちあふれてくる。

日々が楽になってくる。

心は大空のように

広々とのびのびと

水のようにたんたんと
からだはぐんぐんエネルギーに満ちてくる。

このアファメーションを繰り返し繰り返し反復して受け入れ、
なりたい自分に近づけて行くよう、リラックスしながら、楽しみながら、自己実現を目指します。
これから、根っこの部分のグリーフ・インナーチャイルドワーク・自律訓練法・認知行動療法と、また、新たなる気づきがあることにワクワクです。

わねさんの笑顔は最幸ですよ。

鏡の法則

やはり、笑顔は幸せのスイッチオン!ですね
ご縁えにしに、感謝。
春に復職目標を掲げ、これからも、このご縁よろしくお願いいたします。
感謝感激深謝

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ありがとうございました
 
 
 
 


◆サンキューカウンセリング コース 体験者の方の感想レポート 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
50代男性    (2014.2/3掲載)

・カウンセリングを受ける行動を起こしたのは自分を大切にする心が残っているからだ、と気が付きました。
・リラックスの暗示文と神聖なスペースの維持が、今の自分の御守りツールになってます。
・インナーチャイルド訪問は1日1回するように心がけてます。
・参考書で独学も良いのですが、単なる知識で止まってました。カウンセリングで助けを受けたことで、実践と定着の段階に移れそうです。 
・親から刷り込まれた禁止令から、焦らず脱出していきたいと思ってます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ありがとうございました