Q&A


○カウンセリングって、普通の相談とどう違うの?

 家族や知人に相談を持ちかけると、相談された側はなんとか力になろうとして具体的に「こうしたらいいよ」というアドバイスや助言をしがちです。しかし助言はあくまでも「相談された人の持っている答え」にすぎません。それで問題が解決する場合もあるでしょうが、問題の背景にある相談者の過去の経験や未消化の感情が消えない場合、実際には助言の通りの行動をとることは難しいものです。

「本当の答えはクライエントの中にある」ことをカウンセラーは知っています。カウンセラーが自分の意見を押し付けることをせず、クライエントの無意識に眠っている解決方法を意識化する(自ら気づく)ことをお手伝いする作業がカウンセリングです。

 そのためにクライエントの思考の基盤となっている経験や記憶、問題の背後に隠れている感情を引き出す「傾聴」を重視しています。

 

 

○カウンセリングって、心を病んでいる人がうけるものではないの?

欧米に比べるとまだ敷居が高いもののように感じられるかもしれませんが、精神科や心療内科に通う人だけが受けるものとは違います。まったく悩みのない人などいません。かかえこんでいる問題を乗り越えるためのひとつの手段としてカウンセリングを受け、「もっと早く来ればよかった」と感想を述べられる方がとても多いです。

また、駒込ではコラージュやヘッドマッサージ、インナーチャイルドカードセラピー、ミスティカラヴィングタッチなどの各種セラピーも行っておりますのでお気軽にご利用いただければと思います。

 

 

○夫婦やパートナーで一緒に受けることはできるんですか?

はい、できます。問題を共有しお互いに向き合うことで関係性を見直し、ふたりだけの空間ではなかなか言えないことも、カウンセラーが同席することで冷静に素直に表現することができます。よりよい関係の再構築に、カップルカウンセリングをご利用ください。なお、料金はお二人一緒の場合でも同額の605000円となります。

 

 

○何回くらい通えばいいんですか?

その方により大きく違います。一度受けただけで「すっきりした」という方も、しばらく継続される方もいらっしゃいます。まずは一度カウンセリングを体験してみることをお勧めします。カウンセリングの間隔もその方のペースに合わせて調整いたします。週に一回、月に一回など様々です。まずはご相談ください。

 

 

○地方に住んでいるんですが・・・

東京・駒込、福岡・西新までおいでになれない方に、スカイプ・電話によるカウンセリングをご用意しております。カウンセリング料金は対面カウンセリングと同額の605000円ですが、事前にお振込みをいただくことになります。

スカイプの方はパソコンとヘッドセットをご用意いただくか、スマートフォンでスカイプアプリをご利用ください。お電話の方は、通話料金はクライエント様ご負担になりますのでご了承ください。

まずは一度メールかお電話でご相談ください。柔軟に対応させていただきます。

 

 

○カウンセリングを受けていることを知られたくないのだけれど・・

ご安心ください。心理カウンセラーには守秘義務があり、カウンセリングを受けた事実も内容も、ご本人の同意なくして、誰にも話すことはありません。(ただし、クライエント様の命に関わるような緊急事態を除きます)

またカウンセリング記録、その他の個人情報は厳重に管理しております。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以下のご質問への返答は、セラピスカレッジ卒業生カウンセラーの返答です。

*心理カウンセラー養成クラス「セラピスカレッジ」は現在は開講しておりません

 

 

質問A

母親との関係が子どものころからうまくいかず、自分は過食症になってしまいました。

カウンセリングを受けたいのですが、こういう時は、母親もカウンセリングを受けた方がいいのでしょうか?母親が納得してくれるかわかりませんが、必要なら説得してみたいと思いますが・・・。

 

お母様との関係で、過食症になられたとお考えなのですね。

お母様もカウンセリングを受けたほうがよいのかということですが、問題を解消したいと思っていらしゃるのは、ご本人ではないでしょうか。過食症のこと、お母様とのとの関係など、お辛いと感じていらしゃるご本人のカウンセリングをお勧めいたします。何がご自分にとっての解決なのか、今、お辛いと感じていらしゃるお気持ちなどを詳しくお聞かせください。丁寧にお聴きしたいと思っております。そして理想のご自分になれるために必要であれば、お母様のご同席をお願いすることもあると思います。そのときは、こちらもできる限りご協力させて頂きたいと思います。まずは、理想のご自分を一緒に考えてみませんか。よりよくなる手伝いができるよう寄り添ってまいりたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

質問B

中学生の息子が不登校になり自室にひきこもっています。親のいうことには聞く耳を持たず、時には暴力をふるいます。学校の先生の説得にも応じません。本人をカウンセリングに連れて行くことは無理だと思うのですが、家族はほとほと疲れ果てています。このような場合も相談に乗っていただけるのでしょうか?

 

息子さんの状態にご家族はほとほと疲れておられるとのこと、お察しいたします。まずはご家族の悩み、不安、心配ごとなど、なんでもお話頂き、ご家族のケアをさせて頂きたいと思います。

そしてこれは推測にすぎませんが、息子さんご自身の何か悩みや不安があって、苦しんでおられるのかもしれません。徐々にそのことについても考えながら、家族関係が回復し、皆が笑顔で過ごせる日が来ますよう、出来る限り寄り添って共に考えてまいります。

当相談室では、ご本人様以外の問題【家族、カップルなど】のカウンセリングも承っております。ご家族の方、お父様、お母様でもどうぞお越しください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

質問C

電車に乗ると動悸や過呼吸の症状が起きて、病院でパニック障害と診断されました。広場恐怖もあり、新宿や渋谷の人混みを想像しただけで気分が悪くなります。原宿のカウンセリングルームに通うのは難しいと思います。パニック障害は電話カウンセリングでもよくなるのでしょうか?

 

パニック障害で広場恐怖もあるとのこと・・・動悸や過呼吸などの症状はさぞお辛いのではないかとお察し致します。そして人混みなども想像するだけでもご気分が悪くなるということですので、日常生活がお辛いですね・・・。カウンセリングルームに通うことが難しい、本当にそうですよね。

パニック障害などの場合、自律訓練法や、対面による催眠イメージ療法などが比較的有効に働きますが、その催眠イメージ療法をする前段階で、あなたの心の中にある、不安や恐れや不快感などを丁寧に聴かせて頂くカウンセリングを行います。そして心の奥底にある生きにくさを助長させている「信念」や「観念」を書き換えたり手放したりすることにイメージ療法を行う訳ですが、そのタイミングを迎えるまでは、電話カウンセリングでも十分かと思います。まずは、今心の中に抱えていらっしゃる、感じていらっしゃる、想いや不安・恐れなどをお聴かせ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

質問 E

摂食障害 A子さん  30代

私は16のときにダエットに夢中になり、とめられなくなり、入院をすることになってしまいました。退院後もまたすぐにやせてしまい、入院をしてしまうことをずっとくりかえしてしまってます。もう入院はやです。行動療法だといって、すごい量の食べ物を無理やり食べさせられ、食べないと、お風呂や自由な時間が与えられないのです。もう耐えられせん。ストレスがたまってしまってパニックになってしまいます。また家では少しは食べられるのですが、脂っこいものや、甘いものを食べると、はいたり、下痢をしてしまいます。どうしたらよいのでしょうか。

 

16歳から摂食障害が続いているのですね。さぞかしおお辛いことでしょう。入院ということは、体重は危険域に近いということでしょうか。しかしだからといって、無理やり食べさせられたり、お風呂や自由時間を制限されるなど、入院中はずいぶん辛い思いをされたのですね。

ご自宅のほうがすこしは食べられるとのこと、お気持ちも多少リラックスできるのでしょうか。ご自分で体重をコントロールし、入院しないで済む食生活を維持するのはなかなか困難です。出来れば定期的にカウンセリングにいらして、一緒にコントロールの仕方を考えていきませんか。

また長く続く摂食障害には、心の奥に何か「言い分」があるのかもしれません。じっくりこころの言い分もお聴きしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

質問F

AC B男さん  30代

僕は、小さい頃から、人よりも、自分を責めたり、自分の評価を低く見てしまい、自分は誰にも愛されていないと感じます。今は、福祉の仕事をしていますが、人を愛することができないのにこのような仕事をしてよいものかどうか悩んでいます。

人から君はアダルトチルドレンだよといわれました。そういわれればそんな気がします。どうしたらよいかわかりません。

 

はじめまして、山下です。

小さいころから自分を責めたり、誰にも愛されていないと思ってしまう・・・

どんなにか辛く寂しい思いをされたかと思います。

そして、人を愛することができない(と思っている)自分が福祉の仕事についていいのかとも悩んでおられるのですね。人から「アダルトチルドレン」と言われたということですが、一口にアダルトチルドレンと言ってもひとくくりのものではなく一人一人感情や考えかたは異なります。誰にも愛されていない、愛することができない、自分を低く評価してしまう、それにはBさんにはBさんの特別の理由があるのです。カウンセリングで、Bさんの小さいころからのお話を丁寧に伺いながら、一緒に理由を探して行ってみませんか。

そして、愛し愛される自信を持ったBさんになりましょう。しっかり付き添って参りますのでごあんしんください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

質問G

統合失調症の母親 Cさん 50代

私の息子のことなのですが、息子は統合失調症で、息子はいつも同じことを

ずっと言い続けたり、妄想のようなこともいったりして、それをかわいそうに思いずっと一日中聞いてあげています。しかし、私もだんだんと疲れてきました。かといって息子をほおって置けないわけで、どうしようもないのです。私もおかしくなりそうです。息子のことを思うとつらいですが、どうしたらよいかと。

  

いつも息子さんの面倒をみられているお母様には、頭の下がる思いです。毎日お疲れになると思います。お母様がストレスをためないためには、やはり誰かと話して吐き出すことではないでしょうか。思うままを言える相手がいれば、ご家族やお友だちでもいいのですが、電話カウンセリングを利用して頂いて、お母様の不安や息子さんについての悩み等、なんでもお話頂けたらと思います。カウンセリングの時間がお母様にとっての癒しの時間になれば幸いです。