ルーミー

『ルーミー詩撰』 メヴラーナ・ジェラールッディーン・ルーミー

www.levha.net > 『ルーミー詩撰』より



「悪きもの、この愛すべきもの」1

この世に、絶対の悪などというものは存在しない。
悪とは相関的なものだ。この事実を認めなくてはならない。

永遠ならばいざ知らず、時の領域においては、
ある者の足であると同時に、またある者の足枷でないものなど
何ひとつ存在しない。

ある者にとっては足、ある者にとっては足枷。
ある者にとっては毒である何かが、
ある者には砂糖のように甘く、活力を与える。

蛇の毒は、蛇にとっては生命そのもの。
だが咬まれた者にとっては死を意味する。
海は、そこに棲む生き物達にとっては庭となるが、
陸に棲む生き物達にとっては閉ざされた迷宮となる。

ここにザイドという一人の男がいる。
ある者にとっては悪魔のようにも思える男だが、
同時にまたある者にとってはあたかも天使のよう。

もしも彼に、良い振る舞いを期待するのなら、
彼を愛する者の眼差しを以て接するといい。

あなた自身の眼を用いてはならない、
あなたにとって美しいものを見ようとしてはならない。
冒険者の眼は、探すものを見失ったりはしない。
探すなら、全てを見通す者の眼を以て探せ。

愛する者の眼を通して、全てを見よ。
愛する者の眼を通して、愛する者の顔を見よ。

愛する者はこうも言う、

「誰であれ、われを愛する者をわれは愛する
われと共にある者とわれは共にある
われは愛する者の眼となり、手となり、脈打つ心臓となる」2

この世に、絶対の悪などというものは存在しない。

たとえどれほどのものであろうとも、全ては愛への道しるべ。
それを知れば、この世の全ては愛すべきものとなる。3

2008.01.


*1『精神的マスナヴィー』4-65.

*2 伝承ならびに聖伝(ハディース・クドゥシ:Hadith Qudsi)のひとつ。聖伝については『イブリースの告白』注釈も参照のこと。

*3 詩人ルーミーは、この一節及びこの一節に至る部分に、文法上の韻のみではなく意味の上でも伝承との韻を踏んでいる。すなわち「完全に自己を捨て去った者(fana':ファナーの状態)は、神の裡にあり神と共にある者(baqa':バカーの状態)である」。「楽園は、常にわれらの忌み嫌うものに取り囲まれている」。二つめについては、「楽園に辿り着くには、苦難を乗り越えなくてはならない」と解される。

・・・「苦は楽と共にあり、
楽は苦と共にある(コーラン94章5-6節)」。

94章は章題「Ash-Sharh:シャルフ」。日本語では「胸を広げるの章」。「シャルフ」とは「拡張」「拡大」と訳される。




******

「恋の在り処」1

泣く以外にすることなんか何もない
あなたがいないなんて
まるで陽が沈んで光を失った夜の空のよう

あなたは少しも優しくはないのに
冷たくされればされるほど 恋人よ
いっそ私の心臓を抉り出し 
あなたに捧げましょうか

あなたがそう望むなら 王の中の王よ
このまま悲しみと 苦しみの中でもがき続けましょうか
それでも構わない あなたがくれた痛みだと思えば

あなたのために 真珠がこぼれ落ちる
他人はそれを 涙と呼ぶけれど

あなたのために 物語がつづられる
他人はそれを 愚痴と呼ぶけれど2

これ以上深入りしてはいけないと 私の心は言うけれど
笑い飛ばして追い払う 私はそんなに弱くない3

どうして私にだけ冷たいの
誰にでも優しいと 言ったじゃないの

お願いだから扉を開けて 夜の空の下
どこにあなたはいるの どこに座っているの

私の胸に 恋だけを置き去りにして
恋人はどこにいるのだろう 私はここにいるのに
一体いつまで待てば「私」は 「私達」になれるのだろう

きっといつまで待っても 「私達」にはなれないのだろう
私が 「私」 を 捨てない限りは
私があなたを 「あなた」 と 呼ぶ限りは

私はあなたに恋をした
恋が あなたそのものだった
私はあなたと結ばれた
その結び目が あなただった4

これがあなたの仕掛けた罠
「私」と「あなた」の境界は消え去り
いつか「私とあなた」も消え去って5
恋だけが 夜の空に瞬き続ける


2009.03. 


*1 『精神的マスナヴィー』1-1776.

*2 恋人の不実をなじり不平不満を口にする(shikayat)のは、実は恋人を愛するがためではなく自己を愛するがためである。一方でスーフィーが神への思慕(hikayat)を語る(hikayat)のは、ただ神に命ぜられるままに神への忠誠を誓い続けているものであり、報われるか否かは問題ではない。

*3 私の悲しみや苦しみは、神の親愛の印であることを私は知っている」。

*4 現象とは、全て一なる実在の反映である。現象を分け隔てる個別性のヴェイルが取り除かれたところに実在が明らかにされ、そこで初めて本当の意味での合一が可能になる。愛ある限り、ありとあらゆる現象に神の実在を見出すことが出来る。

*5 究極には、神は崇拝の対象であると同時に崇拝者である。そのことが、崇拝という行為を軸に「私」と「あなた」を分け隔てていた個別性という幻想が取り除かれて初めて理解される。




******

「心の絆」

幸せなひととき、
宮殿に共に座るあなたと私。

姿はふたつ、影もふたつ、
けれど魂はひとつだけ、あなたと私。

あなたと私、庭を歩けば、
木立の色も鳥の声も永遠を奏でる。

天空の星がこっそりと見つめてくるから、
月を鏡に視線をかわす、あなたと私。

あなたと私、陶酔に混ぜ合わされて、
切り離しようもなくひとつの、あなたと私。

あるのはただ喜びだけ、あなたと私、
二度とふたつに離れない、邪魔をするものは何もない。

きらきらした羽で飾られた天の鳥たち、
嫉妬で彼らの胸は焼け焦げんばかり。

こんな場所で、こんな姿で、
笑い声の光をまき散らすあなたと私。

そして何よりも驚くべき奇跡はこれ、あなたと私、
あなたと私が同じ世界の片隅に、共に座っていること。

この瞬間、共に座るあなたと私、
あなたはイラクに、私はホラーサーンに。1

2007.10.


『四行詩集』38.

*1 神秘的合一について解説する詩。「愛する者」と「愛される者」の、正反対の位置から始まった関係はやがて変化の過程を経て、最終的には普遍的な愛の本質そのものに還元されていく。





*****

「奈落へ墜ちる前に」1

守護天使たちは、常に彼を取り囲んでいた。
彼の目に見えなかっただけのこと。
それが今や姿あらわに、看守のように彼を引き摺る。
 - 犬め!立ち去れ、お前の檻へ。

怒声と棍棒で追い立てられながら、
彼は振り返った、かの聖なる存在の方へ。
秋の雨のように涙が流れる。
ささやかな希望 - それ以外に、彼に何があっただろう?

光の領域から、かの聖なる存在の声が響く。
 - さて、何としたか。

美点のかけらも無き者よ、唾棄すべき輩よ。
汝は見たか、たった今ここで開かれた巻物を。
汝の悪業の数々で、黒々と染められていた。
これ以上の何を欲するのか。
何ゆえに振り返るか。
罪の上にも更なる罪を重ねようというのか。

彼は答える。

神様、あなたが一番良く知っているくせに。
たった今あなたが宣言したよりも、
百万倍も悪い罪を俺が犯したってことを。

俺がやったことそれ自体がどうというのじゃないんだ、
悪いとか悪くないとか、それ以前の問題なんだ。
従順に正しく生きるとか、反抗して過ちを犯すとか、
そういうのはどうでもいいんだ。

善悪だとか、信仰だとか、背信だとか、
努力だとか、怠惰だとか、そういうことじゃないんだ。

俺はあなたに愛されてると知っていた、
それでいて、愛を裏切った。
俺が振り返ったのはあなたの愛だ、
自分の言い訳がしたかったわけじゃない。
俺は名誉の流浪者気取りだった、
あなたは俺に散々好き勝手にやらせてくれた。
あなたはいつも気前がよかった、
俺は、あなたに頼ってばかりだった。

犯した真の罪について、彼が告白したとき、
神は天使達に命じた。

 - 戻してやれ、わが愛に決して絶望しなかったがゆえに。

われは無に帰そう、犯された罪の全てを。
その他の罪もまた同様に。

自由意志という名の炎が燃えあがるならば、
罪という名の火の粉が爆ぜるのは必定。
われは火の粉を最小限に留めよう、
聖なる炎を絶やさぬために。

火の粉が飛び散り、館が燃え上がるならばその時は、
 - われは棘もて、薔薇の木陰の証しとなそう。


2008.07.


*1 『精神的マスナヴィー』5-1815.
ここに描かれた情景は、次のハディースをその題材としている:「復活の日に続く審判において、神の御前に二人の男が連れられてくる。二人とも地獄行きを命じられるが、そのうちの一人が神を振り返る。全能の神は振り返った男を再び御前に連れてくるよう天使達に告げ、なぜ振り返ったのか男に問う。男は『きっとあなたは私を天国にお連れくださると思っていたのに』と男が答える。それで神は、その男を天国へと連れて行く」。