【 AC(アダルトチルドレン)とは 】

 

 

自分の育った家庭で、親がアルコール依存症であったり、ドラッグ・アビューズ、家庭内暴力、性的・身体的・精神的な虐待などがあったような機能不全な家庭で育った人たちは、なんらかの形で受けた心の傷(トラウマ)が 後遺症として残り、健全な生活に支障をきたす「アダルト・チルドレン」となる可能性があります。

 

 

      *機能不全な家庭とは・・

      ― 例えば、
   
       よく怒りが爆発する家庭、

       冷たい愛のない家庭、
 
       他人や兄弟姉妹と常に比べられる家庭、

       何をしてもあれこれ非難される家庭、

       期待が大きすぎて何をやっても期待に添えない家庭、
   
       お金や仕事、名前のある学校だけが重視される過程、

       他人の目を気にする表面だけ良い家庭、

       親が病気がちだったり留守がちの家庭、

       親と子の関係が逆になっているような家庭、

       両親の仲が悪かったりけんかや暴力の多い家庭、

       嫁と姑の葛藤がひどい家庭 

       などなど ―


    症状としては、

    うつ病、不安病、ボーダーライン・パーソナリティー・ディスオーダー、

    アルコール・ドラッグ依存症、共依存症、パニック・ディスオーダー、

    心因性の頭痛、腹痛、その他の情緒不安定、不健全な人間関係、

    などとしてあらわれることが多い。


    特に自己の確立ができず、低い自己評価に悩まされる場合が往々にしてある。


    こういう機能不全な家庭で育った人たちは、

    機能的な人間関係を見ないで育ったわけである。


    それゆえに、

    何が健全なコミュニケーションなのか、または何が健全な行動なのか、

    はっきりわからない。


    ・・適当な愛、

    ・・・あまり大きすぎることもなく、また小さすぎることもないフラストレーション、

    ・・・尊敬、安心感、信頼、

    ・・・コミュニケーションの技術、


    そのようなものが欠けている家庭で育てば、

    自己の確立に障害が出ても不思議ではない。



    このように小さい時から長い間かかって出来上がった習慣は、

    大人になっても抜けきらず、

    自己の不安感、自己価値の低さから、

    共依存的な行動や、人間関係に陥りやすいことがままある。



 

参考文献:ヘルスクエスト選書4『アダルトチャイルドの理解と回復』より
著者/斎藤学・下坂幸三・鈴木健二・平野健二・西尾和美・中山道規  

 

 

その他、ACについて詳しく説明しているページを設けています。

よろしければこちらもご覧下さい。

 

ACの行動パターン

認知の歪みの10パターン

ACの治療法

回復の為の10のステップ

平安の祈り