インナーチャイルドとは

 【インナーチャイルド】
インナーチャイルドとは、私たちの心の中にいる子どもの自分です。

 

傷ついたインナーチャイルドは

私たちの信念体系の中核を成し、
大人としての生活を汚染し、

健康的な生き方を制限するようになります。

 


子ども時代に体験した事実がどのようなものだったのかということよりも、
イメージの中で出会う子どもの在り方が、

今の自分にとっての真実となります。

 

傷ついたその子どもを放置したままでは、

安心感や寛ぎ、幸せを感じることは困難になり、

幸せになる許可を自分が自分に出せないままに

「生き辛さ」を抱えていくことになります。

 

心の叫びは、その子ども(インナーチャイルド)から発せられることが多いのです。
 

そのため、大人の自分が その子を育てなおす必要があります。

それが「インナーチャイルドワーク」です。