アダルトチャイルドの治療法  西尾和美

1 依存症、共依存症、アダルトチャイルド、トラウマについての知識を与える教育をする

2 本人の育った家庭でどんな[パターン]を習って育ったか、
    また生存するのに必要な、どんな防衛機制  を作り上げたかを分析する

3 依存症のある家庭は代々依存症になっているメンバーが多かったり、また、依存症に
  なっている人と結婚して、共依存症になってしまうなど、
  機能不全なパターンが代々伝わっている例が多いので、 ジェノグラム(家計図)を作って調べる。 4 間違って理解し、固まってしまった考えにチャレンジする。  (「私はみんなから嫌われている」   →「私はある人たち何人かに、嫌われている」「人類全員から好かれることは有り得ない」) 5 催眠療法や、イメージを心の中で描く手法で,過去の思い出をたどり、 心の傷にふれ、それを癒す。 6 インナーチャイルドを育てる作業をする。過去のトラウマのため発育が止まってしまった 自分の中の子どもを、イメージや絵画、ぬいぐるみ、コスチュームなどを使って育て直す。 7 サンドトレイ(箱庭療法)や夢の分析で、無意識なものを意識上に持ち上げ、自己について学ぶ 8 個人面接のほかに、家族面接も組み入れる。   特に依存症になってる妻や夫とのカップル・カウンセリングや、子どもも入れた家族なども  
  取りいれて、本人だけでなく、どれほど周りの人たちが影響を受けているかを認識させるとともに、
  コミュニケーションの技術を教える 9 本人ができるような宿題を与える   (例:「今週はアルコール依存症の夫に、       お酒のことは何も言わないで黙って観察してごらんなさい。」) 10 アダルトチャイルドからの回復に関する本やテープを貸し、    毎日繰り返し聞くように指示する。    古い機能不全なメッセージに対処するには、新しい思考、感情、行動を教えるメッセージを    大量に与えなければ、真の選択はできない 11 メディテーションの方法を教え、心や身体から出るメッセージに注目できるように指導し、    頭にどんな考えが浮かんでくるのか認知できるようにする 12 毎日ジャーナル(日記)をつけてもらい、否認、否定しているものごとに直面し、    事実を事実として受け入れるようにし、    自分の思考、感情、行動のパターンを学ぶようにする 13 アダルトチャイルドの人のための人生のマニュアルのような、    毎日一ページずつ読む、小型のアファメーション(心理調整/暗示文)の本を取得させ、    毎日持ち歩き、読み、一日一歩ずつ回復に向かうよう指示する 14 一人で孤立しないよう、できるだけいろんな10(または12)ステップの自助グループ、    またはサポートグループに出席するように指示し、関連したワークショップなどにも    参加するようにうながす。 15 アダルトチャイルドは、スピリチュアリティー(自己を超越した崇高な信心)が欠け
   視野が狭いので、自分と特定の他人の問題にだけとらわれないよう、地域社会、果ては
   人類全体まで想いを広げるスピリチュアルな活動をすすめる。    

ヘルスクエスト選書4『アダルトチャイルドの理解と回復』より

著者/斎藤学・下坂幸三・鈴木健二・平野健二・西尾和美・中山道規